読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

儲かるWEBサービスのネタの種

It were not best that we should all think alike; it is difference of opinion that makes horseraces.

今、創るべきソーシャルゲームとは~儲かるソシャゲを考える~

DeNAGREEといった2大ゲームプラットフォームの決算発表を見るに、2社の発表内容に大きな差はあったものの、ソーシャルゲーム業界全体として考えると、依然収益性は非常に高いが成長スピードは鈍化しており今後の成長戦略が描ききれていない、というのが一般的な見方だと思います。要するに頭打ちです。

では業界のイチプレイヤー目線でソーシャルゲーム業界をみた時にどう見えるかというと、見え方は大きく違っていて、一時期ほど美味しい市場ではないものの他の業界に比べれば参入する価値の高い儲かる市場だというのが正直な肌感です。

(具体的な数字は敢えて書きませんが)適性な人数でシッカリしたカードバトル系のソーシャルゲームを創って、適性な人数で運用して安定して月商6000万以上を作りだせれば事業としては成り立ちます。もちろんそれ自体が非常に難しい事ではあるのですが、これと同じ数字を他の業界で作る事と比べてしまうとソーシャルゲームで当てる事の方が少なからず確率が高いのではないでしょうか。

前フリはこれくらいにしておいて、本題のソーシャルゲーム市場に新規参入する場合どういう闘い方をすべきなのか』という事について考えていきます。

そもそも今のソーシャルゲーム市場は、ゲーム制作のノウハウやレベルも上がってきており、後発で参入しても簡単には勝てない市場になってきているという側面があります。そんな中で、今から「神撃のバハムート」「パズドラ」のような化け物ソーシャルゲームに勝てるようなソーシャルゲームを創れるかというと、そういったレベルで当てるのは『大量の経験と凄まじい努力を前提にした運ゲーなので厳しいと言わざるをえません。となってくると狙うべきは、先に挙げたような王道系のソーシャルゲームが拾いきれていないユーザーに刺さるゲームを創ることです。王道ではなくジャンル特化型、フジテレビではなくテレビ東京なイメージと言えば分かって頂けるでしょうか。

具体的にどういうゲームがあるかと言われるとパッと思いつくところで、「暴走列伝 単車の虎」「不良道~ギャングロード~」プロ野球PRIDE」などでしょうか。ここから考えるに男性の多くが好きそうなジャンルに関するモチーフのカードバトルであれば、これから新規参入しても当てられる可能性があると考えられます。

具体的に言うと『車(orミニ四駆)』『ゴルフ』『競馬』あたりでしょうか。
※バスケやサッカーなどの広く浅く人気のある趣味は、先に述べた条件と微妙にズレてくるので危険だと思っています(事実コケてるゲームも散見されるので…)。

あとは、こういったジャンルのゲームをしっかりつくるだけです。
※しっかり創るというのは、違うゲームだからオリジナルで考えるのではなく既に大きく売上をあげている人気ゲームをしっかりやり込んで、ゲームスキームやゲームバランスを参考にしてつくる(悪く言えばパクる)事です。

 

ぜひ誰か先に述べたようなジャンルで面白いソシャゲつくってみてください。まぁお前がやれよって感じですよね(笑)