読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

儲かるWEBサービスのネタの種

It were not best that we should all think alike; it is difference of opinion that makes horseraces.

CROOZの決算が物凄くあざとい件

クルーズの平成25年3月期第4四半期の決算が発表されましたが、タイトルにも書いた通りあざといな、という印象です。(※以下はあくまで憶測に過ぎませんのでご了承ください。)
クルーズは通期で見た時に、11期と12期を比較すると、売上高を50億円近く伸ばしているにも関わらず営業利益は全く伸びていません。決算資料でも説明されている通り基本的には12期の3Qから膨大に使うようになった広告宣伝費が原因です。

f:id:Projetista:20130514072907j:plain


これ自体は全く悪いことでは無いのですが、この広告宣伝費というのが曲者で、大抵、広告宣伝費の効果は翌四半期に出ます、つまり12期4Qに突っ込んだ広告宣伝費の効果が出るのは13期1Qということになります。なので13期1Qは広告宣伝費さえ大きく積まなければ、当然営業利益は伸びるのは自明です。それを分かっていてクルーズは業績予想を四半期にしたんじゃないか、という意味であざとい、と書いているのです。業績予想は通年にしてみれば、結局は成長のために広告宣伝費を突っ込まなくてはいけないので、四半期でみた場合ほどの、成長率で伸びる予想にはなってないんじゃないかと想定されます。そこを敢えて今回は触れずに、来四半期の伸びだけを説明しているあたりがあざといな、と感じました。

f:id:Projetista:20130514074136j:plain



まぁ結局は業績好調な中で見せ方工夫すれば更に良く見えるって程度の話なので、企業としては当然のことをやってるんだとは思います。ただ、今回の業績予想を鵜呑みにして個人投資家がクルーズを買いに走るのなら、売りのタイミングはしっかり見極めないといけないな思ったりww

今日はこのへんにしておきます。