読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

儲かるWEBサービスのネタの種

It were not best that we should all think alike; it is difference of opinion that makes horseraces.

パズドラの売上がヤバいと話題になってるが、売上から考えてみるとARPPUなどの数値も相当ヤバい件

f:id:Projetista:20130215080948p:plain


パズドラの売上がヤバいヤバいとソーシャル上で大騒ぎされています。こんな記事こんな記事も書かれてますし、株価も凄いことになりそうです。
ただ、タイトルにも書きましたが、数字を“浅く”掘り下げてみるとARPPU(Average Revenue Per Payed Use)などの値も相当異常な数字な事に気付きます。
※まぁ売上が異常なので当たり前といえば当たり前ですが…

 

勝手にパズドラの売上を 60億 と仮定して話を始めます。
800万ダウンロード から適当に類推すると

 

MAU:500万人 
※こんなにいない気もするけど、これくらいいないとARPUや他の数字が説明できない数字になってしまいます…という事はやっぱこれくらいはいるのかなと考えてます。


この時点で

ARPU:1,200円 

という驚愕の値が算出できます。
MAUがもう少し少ないと考えると、もっと高いARPUって事になります(笑)

 

ここからもただの推測ですが
課金ユーザー数:100万人 
課金率20%とか異常な値だとは思いますが、これくらい課金ユーザーがいないとARPPUが相当おかしな事になってしまいます。


上記から計算すると
ARPPU:6,000円 
仮に上で20%と読んだ課金率がもし10%だとするとARPPUは12,000円て事になります…もはや笑えない数字です…。


みんなパズドラのゲームの雰囲気からカードバトル系のソシャゲより課金が緩いと考えがちですが、相当多くの人がのめり込んでるとしか思えない数字です…。

営業利益率の高さも含め、ガンホーのモバイルコンシューマ事業はヤバいなと再認識させられるニュースでした。